読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可能性に生きる人

可能性に生きる人々
私の若い友人に、小説家になることを夢見ながら、なかなか作品を書き上げるの人がいます。彼によると、仕事が忙しく、小説を書く時間もままならないだから書き上げられないし、賞の応募に至らないのだそうです。しかし、果たしてそうでしょうか。

実際の所は、応募しないことによって「やればできる」という可能性を残しておきたいのです。人の評価にさらされたくないし、ましてや駄作を書き上げて落選する、と言う現実に直面したくない。時間さえあれば、できる環境さえ整えば、自分にはその才能があるのだという可能性の中に生きていたいのです。おそらく彼は、あと5年10年もすれば「もう若くないから」とか「家庭ができたから」と別の言い訳を使い始めるでしょう。可能性の中にいきたいと青い鳥を追うことで「今あるもの」を見失う。

私にはもっと良い彼やハイスペックの彼がいるはず、僕にはもっと美しい恋人と出会えるはず。私にはもっと適した職場や仕事があるはず、そうして青い鳥を追って、いつの間にか人は老いていく。